50人を超える企業で実施が完全義務化!?ストレスチェックの予備知識や基本を解説

当サイトは50人を超える企業で実施が完全義務化された、ストレスチェックの予備知識や基本を解説しています。
はじめてこのチェックを導入する際には、まず基本から押さえておくことをお勧めします。
チェック制度の対象は従業員の人数に応じて、義務と努力義務の2種類に分かれるのが特徴です。
それらの違いを理解しておくことが大切です。
契約社員は更新を含め1年以上の場合はチェックの対象者となります。
漏れのないよう実施するようにします。

50人を超える企業で実施が完全義務化!?ストレスチェックの予備知識や基本を解説

自社がストレスチェックを実施する対象に当てはまるのか、という疑問を持っている人もいるのではないでしょうか。
ストレスチェックは2015年から50人以上の労働者のいる企業に、1年に1回おこなうことが義務化されました。
ストレスチェックの実施後は労働基準監督署へ報告もしなくてはなりません。
労働者のメンタルヘルスのため、ストレスを溜めすぎないようにする目的で行われています。
調査の結果は職場の環境改善に役立てることが期待できます。

ストレスチェック制度の実施が必須!?そもそもストレスチェックとは?

ストレスチェックとはおおよそのことはあえて説明するまでもないかもしれませんが、特に仕事をしているとストレスがかかって当たり前です。
むしろ、全くストレスのない仕事などこの世には存在しないと言っても構いません。
ですが、過度のストレスはうつ病を引き起こしたり、最悪の場合は自殺に至ったりすることがありますので、ストレスチェックの実施が必須となっています。
ストレスチェックとは別に仕事だけに重点をおいたものではなく、家庭などプライベートな環境がどれだけ心の負担になっているかも確認項目に含まれています。
個々の質問項目は単純なものばかりですので回答が難しいといったことはまずありませんが、これによって仕事やプライベートでどれだけの重圧がかかっているかとか、それにうまく対処できているのかそれとも押しつぶされそうになっているのかが分かります。
危険な状態にあるとなれば、早めに医師に相談するなどして早期に問題解決を図ることになります。

ストレスチェック制度の実施における義務付けの対象になる事業所の規模

ストレスチェック制度は労働安全衛生法の改正によって定められました。
2015年12月から始まっており、義務付けの対象となるのは、労働者が常時50人以上の規模となる事業場となっています。
この事業場は会社単位ではなく、あくまで働いている場所を指しており、支店や工場などを持っている場合はその支店や工場ごとに労働者がカウントされます。
さらに事業場となっていますが、地方公務員や学校の職員に関しても実施の対象となっており、例外ではありません。
常時使用されている労働者が50人以上という面に関しては、正社員だけでなく、週に1日のみしか出勤していないパートやアルバイトもストレスチェックの対象となる可能性があります。
継続して雇用をしており、常態として使用しているのであれば人数に含めなくてはならないので注意しなくてはなりません。
具体的には契約期間が1年以上、1週間の労働時間が通常の労働者の4分の3以上などとなっています。
なお社長や役員は制度対象外となります。

ストレスチェックの対象者は正社員で新入社員も含まれる?

ストレスチェックの実施対象者は、常時使用する労働者と定められています。
つまり正社員だけでなく勤務状態によってはパートやアルバイトであっても人数にカウントしなくてはならず、常時という点がポイントとなります。
期間の定めがない労働契約によって使用されているのであれば、人数に含めなくてはならないので注意しなくてはなりません。
新入社員に関しても同じことであり、期間の定めなく労働契約を結んでいることがほとんどです。
正社員に位置づけられるのでストレスチェックの対象者となり、適した時期に行う必要があります。
なおストレスチェックは事業者に対しては実施する義務がありますが、労働する側においては受ける義務はありません。
ですが厚生労働省では受検することを推奨しています。
新人研修の一環としてストレスチェックを組み込んだ場合は、通常と同じように管理が必要となります。
性格検査などと一緒に行う場合は管理に十分気を付け、守秘義務をしっかりと守るようにします。

ストレスチェックサービスを提供する業者の特徴

今現在の日本は、ストレスが蔓延している社会です。
そのような中で日々生活している我々は、自分でもわからないところで心が疲弊してしまっているかもしれません。
そのような状況で、多くの企業が社員の心と体を健康的に過ごせるように実施するのがストレスチェックです。
これによって本人も気づいていないメンタル面におけるケアをするのが狙いです。
このストレスチェックを提供している業者は沢山あります。
基本利用料が安いところや、産業医との連携に長けているところ等様々です。
このようなストレスチェックの本当の意義は、その企業で働く社員の心も体も健康になれるように会社がサポートする事です。
これが社員のためでもあり、結果的に会社の利益に繋がっていくのです。
ですから単純に受けさせるだけの物ではないという事です。
それぞれの会社に様々な特徴があるのでその点を踏まえて、自分の会社の社員の色に合わせたサービスを提供している会社を選択するようにしましょう。

ストレスチェックでストレスが高い従業員は面接指導が必要

ストレスチェックでストレスが高いとの結果が出た従業員は、面接指導が必要です。
これは放置して自己責任に任せるのが良くないという意味もありますが、単なる一方的な連絡とか指導ではなく、対面で向き合うことが必要という意図が含まれています。
ストレスチェックで分かるのは心の問題ですが、それは結局のところよく話を聞くとか聞き取るといったことなしには解決できません。
また、体力に個人差があるように、メンタル面も個人差があります。
同じようにストレスがかかる仕事をこなしていても、どれだけ厳しく辛いと感じるかは人によって差があり、対処できる度合いも異なります。
これもまた個別の対応が必要な点で、同じ部門や同じ部署であっても状況は異なるかもしれないことを念頭に置かなければなりません。
なお、面接指導とは決してどうしてこんなことでストレスを感じるのかといった、叱責とか非難に類するものであってはならないのは言うまでもありません。

ストレスチェックの目的はうつなどメンタルヘルス不調の未然防止

ストレスチェックの目的ですが、うつなどメンタルヘルス不調の未然防止にあります。
仕事や学校など、どのような社会生活を送っている人であってもストレスと全く無縁ではいられません。
その意味では家庭にいる未就学児であってもストレスがゼロということはあり得ないでしょう。
職場に話を限っても、ストレスチェックをすることでメンタルヘルスの不調を早期に発見し防止することができれば、結果的には会社の生産性というか効率がアップすることは間違いありません。
ストレスは心の問題であり、それが体調不良として目に見える形で表に出てくることもありますが、本人しか分からないというか本人でも気づいていないことも良くあります。
そのため、意識してチェックしないと見落とす可能性が十分にあり、進行すると他の心身の様々な病気と同じで慢性化し、また重症化しやすくなります。
従って、できるだけ早い段階で発見し、対処することが重要になってくるわけです。

衛生委員会で審議を行いストレスチェックの質問票を策定

ストレスチェックで利用する質問票は、実施前にその事業場の衛生委員会で調査審議を行います。
衛生委員会は労働衛生安全法によって定義されているもので、職場の衛生安全について話し合うことを目的としたグループです。
このような社内のグーループが、自社にあった質問を検討することが重要です。
職場環境の改善には、その事業場それぞれの特徴がはっきりすると言えます。
仕事の内容も大きく影響するので、一律に考えられるものではありません。
だからこそ、自分達の抱えがちなストレスについて、評価しやすいチェック方法を考えなければいけません。
ストレスチェックの質問票は、結果を利用した集団分析をしやすい内容にした方が良いでしょう、また社員一律ではなく、現場や部門などによって差があるようなところがカバーできることが重要です。
また高ストレスの従業員を選別できるように基準を設けなければならないため、そのスクリーニングを行うことができることも注意が必要です。

ストレスチェックの義務付けで実施しない場合の罰則はあるのか?

ストレスチェックの義務付けで実施しない場合の罰則ですが、これは50万円以下の罰金となっています。
ただ、ごく小規模な会社であればまた話は別かもしれませんが、個人ならばともかく法人ではたかだか50万円程度のお金は、金額的にはさほど大きなものではないという物の考え方もあります。
そもそもストレスチェックが義務付けられているのは50名上の雇用者がいる事業場だけですから、従業員数名程度の零細企業はそもそも義務がなく、この話はより当てはまると考えても良いかもしれません。
ですが、企業や法人に関係する法律ではよくあることですが、法令上の罰金額そのものはあまり大したことが無いように思えても、法令違反をしたという事実そのものによる社会的信用度の低下のほうがはるかにダメージが大きいことが考えられます。
従業員や取引先や顧客に対してもマイナスイメージになることは避けられず、結果的に罰金額以上のマイナスを会社にもたらすこともあります。

ストレスチェックは外部機関のプログラムで比較的簡単に実施できる

ストレスチェックも電子化のニーズが高まり、オンラインで実施することが増えてきました。
この方法なら、どこにいてもオフラインできるようになりました。
まだプログラミングが容易で誰でも簡単に管理できることがメリットです。
外部機関では、このようなチェックの手順を策定したり、面談指導の要否などを確実に実施することが可能です。
ストレスチェックの基本的な内容については、専門的な知識が必要となります。
このようなノウハウをプログラミングに詰め込んだものが提供されます。
外部機関が実施するストレスチェックは、一般的な手順をプログラムされているものです。
その良し悪しによって、分析結果に影響する恐れがあります。
どのような結果を提供してもらえるかを契約前に確認しておきましょう。
ストレスチェックは改善が実施できる組織かどうかを確認する必要があります。
実際に利用できる分析結果が得られるプログラムかどうかは、実績やサンプルデータの結果によって確認しておかなければいけません。

ストレスチェックに関する情報サイト
ストレスチェックの予備知識

当サイトは50人を超える企業で実施が完全義務化された、ストレスチェックの予備知識や基本を解説しています。
はじめてこのチェックを導入する際には、まず基本から押さえておくことをお勧めします。
チェック制度の対象は従業員の人数に応じて、義務と努力義務の2種類に分かれるのが特徴です。
それらの違いを理解しておくことが大切です。
契約社員は更新を含め1年以上の場合はチェックの対象者となります。
漏れのないよう実施するようにします。

新着情報
    2022/3/31

    ストレスチェックでストレスが高い従業員は面接指導が必要

    2022/3/31

    ストレスチェックの目的はうつなどメンタルヘルス不調の未然防止

    2022/3/31

    衛生委員会で審議を行いストレスチェックの質問票を策定

    2022/3/31

    ストレスチェックの義務付けで実施しない場合の罰則はあるのか?

    2022/3/31

    ストレスチェックは外部機関のプログラムで比較的簡単に実施できる

    2022/3/15

    ストレスチェック制度の実施が必須!?そもそもストレスチェックとは?

    2022/3/15

    ストレスチェック制度の実施における義務付けの対象になる事業所の規模

    2022/3/15

    ストレスチェックの対象者は正社員で新入社員も含まれる?

    2022/3/15

    ストレスチェックサービスを提供する業者の特徴